どのくらい使ったのか?がわからなくなるだけではなく

-

-

渡されたレシートの保有する必要はないのだろうか??正解から先に言うと所持する必要は特にない。

個々人で保管していることが個々人が切った明細を保管したいと考える場合であれば保管すればよいだし、逆にそういう証拠は必要でないという場合には保管する必然性はないでしょう。

とはいえ来る使用履歴との確認作業時には必ず明細レシートは不可欠。

それまで最低限保管しておかなければどちらで何月何日にどのくらい使ったのか?がわからなくなるだけではなく、間違えや重複した請求の確認作業がすることができないから気をつける必要があります。

おそらく使用した大きさについては明細レシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。

少なくとも利用明細書が到着する1ヶ月もしくは2ヶ月程度は、ちゃんとレシートを所持するようにしたいものである。

クレジットカードの利用レシート破棄手段●クレジットカードの明細レシート破棄のやり方は超シンプル。

悪用されないよう小さくちぎって破棄するだけで大丈夫なのである簡単なシュレッダー等が利用できる場合には用心のために利用しても良いでしょう。

カードの使用履歴を記載しているレシートなのだからクレジットカードNoなど、個人情報の内容を特定されることが非常に多く詰まっています。

不要な利用レシートとは思わず、廃棄は厳重に行うようにしたいです。

一方で、近頃は予防の意味で明細レシートにカード番号などの情報が記載されない場合も出ているが安全と思い込むことは禁物と考えます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.adrianacanas.com All Rights Reserved.